仮性包茎矯正器具「サフィット(サピット)」

中度や重度の仮性包茎にも対応する、画期的な仮性包茎矯正器具

仮性包茎でお悩みの方にたいへんおすすめの器具があります。
それが、画期的仮性包茎矯正器具「サフィット」です。

この器具がなぜおすすめなのかというと、
「中度や重度の仮性包茎でも完全対応する」というところにあります。

包茎矯正リングの悩み「包皮が余りすぎて乗り越えてしまう」を解消

軽度の仮性包茎なら、「マイラップ」などの普通のリングタイプの包茎矯正器具でも十分対応できるのですが、包皮がたくさん余った「中度や重度の仮性包茎」に対応できる包茎矯正器具は今までありませんでした。

なぜなら、普通のリングタイプの矯正器具だと、リングの上を余った包皮が乗り越えてしまうからです。

サフィットは、余分な包皮をため込むことができます しかしサフィットは、「余分な包皮を根本側リングの内側にため込んでおく」という方法を編み出し、その問題を解消することに成功しました。

これで、中度や重度の仮性包茎でお悩みの方でも、包皮が乗り越えることなく、確実に亀頭を露出し続けることが可能になったのです。

仮性包茎が治る本当の理由・・・それは「皮膚組織の改変」

これは、サフィット開発過程での約7ヶ月間の実験と、その後5年間の経過観察により確かめられた「包茎が治っていく原理」です。

まず、ため込まれた包皮には自然と同じ箇所にしわがつきます。これは、皮膚の習性によるものです。(手の甲をご覧いただければ、手を開いた時に指の関節部分にできるシワは、常に同じ箇所にあることが分かるはずです。)

継続して同じ箇所にシワを発生させることで、その部分は人間のもつ新陳代謝により皮膚組織が改変し、そのまま固定化していきます。そしてその癖が定着してしまえば(早ければ1ヶ月、平均で3ヶ月)、もうサフィットを装着しなくても亀頭が露出した状態を維持できるようになります。

ある程度の期間が経過すると、一度しわ癖が固定化した包皮を無理に伸ばすと、しわの部分のごく薄い表皮が裂けてしまうほど皮膚組織が改変されます。そして更に期間が経過すれば、そのシワ自体が同化して自然な状態に馴染んで行きます。

ここまでくれば本当の矯正という意味で、仮性包茎の矯正はほぼ完了と言えるでしょう。

痛みや違和感を解消した「抜群の装着感。」

今までの包茎矯正器具にありがちだった装着時の「痛み」や「違和感」。

普段でさえ、何かに「締め付けられている感」がするのに、もし間違って「不意に勃起」などしてしまったら、それはもう"激痛"が走ります。経験したことがある方ならお分かりと思いますが、思わず「ウッ!...」と声を出してしまうくらいの激痛です。

しかしサフィットは違います。
今までのものと違って、装着しているときの違和感がほとんどありません。

今までのリングタイプの器具と比べると、多分びっくりするほどの装着感です。ペニスのサイズや形状にもよりますが、不意に勃起してしまっても痛みは感じないという方がほとんどです。普段は本当に「着けているのを忘れるほど」の自然な装着感。

この装着感は、シリコンの中でも生産工程上可能な限り柔らかい、軟度の高いものを使うことによって可能になりました。この柔らかい素材のおかげで、一度装着すれば平常時と勃起時の大小差にも柔軟に対応できるようになったのです。しかも、よほどの激しい運動などをしない限り、外れてしまう心配もありません。

今までの包茎矯正器具の欠点や問題点をすべて解消した革命的な仮性包茎矯正器具「サフィット」。もうすでに、多くの人に愛されている包茎矯正器具になりつつあります。

※サフィットは、ペニスの長さによって「レギュラー」と「ロング」の2種類の中から選ぶことができます。サフィットは、レギュラーサイズとロングサイズの2種類




 仮性包茎矯正器具「サフィット(サピット)」

・「サフィット」の詳細・ご購入はこちらから

包茎矯正の関連ページ